紅豆杉が持つ驚異のパワーに迫る

HOME » その2:紅豆杉と免疫の関係 » 取りいれるメリット

取りいれるメリット

紅豆杉をリウマチ治療に取りいれるメリットを解説しています。

リウマチ治療に紅豆杉を取りいれるメリット

紅豆杉をリウマチの改善に取り入れる最大のメリットは、副作用がないことです。

薬物療法がメインになるリウマチの治療、リウマチそのものがもたらす痛みに加え、薬による副作用に苦しむ人も少なくありません。特に、リウマチのような免疫システム系の治療薬は、常に副作用を伴います。

リウマチは全身の炎症疾患であるため、ひどくなると関節以外にも関節外症状が出てきます。

また、治療の効果を得られず、長年にわたって患っていると、他の病気との合併症を引き起こすこともあります。

薬は一つの成分でしかなく、ピンポイントで病気の症状を戻そうとするので、どうしても他の組織にも影響を与え、副作用が起こってしまいます。

半面、天然の紅豆杉は、カラダ全体の組織や細胞、免疫のはたらきを正常に戻そうとし、不具合な部分があれば、即効性をもって改善する作用もあり、血圧や血流などにもはたらきかけてくれます

こうした柔軟で多岐にわたるはたらきは、単一成分の薬にはできないことです。

リウマチ特有のこわばりや疼痛がなくなることは、リウマチを患う人にとっては、何よりも効果を感じ、気持ちが楽になることです。

抗リウマチ薬や生物学的製剤などで効果が得られなかった人や、副作用が強くて治療が続けられない人、薬を少しでも減らしたい人たちにとって紅豆杉は有効です。

近年では、科学的に検証された紅豆杉の臨床データが次々に発表されるようになり、代替医療に取り組む多くの医療機関で、薬物療法に紅豆杉を併用するようになってきました。

紅豆杉は100%の効果を発揮できるものではありませんが、現代医学の治療に限界があるなか、新たな治療法になりえる可能性を大いに期待されています。