紅豆杉が持つ驚異のパワーに迫る

HOME » その1:紅豆杉と細胞の関係 » 取りいれるメリット

取りいれるメリット

紅豆杉を癌治療に取りいれるメリットを解説しています。

紅豆杉の最大のメリットは副作用がないこと

紅豆杉を癌の予防・治療に取り入れる最大のメリットは、副作用がないことです。

正常な細胞にはまったくダメージを与えず、ガン細胞だけを狙い撃ちして、副作用を起こさず、ガン細胞を死滅させてしまうのです。

残念ながら抗がん剤では、ガン細胞と同時に正常な細胞も死滅させてしまうため、激しい副作用を招き、治療を断念してしまうケースが多々起こるのです。

また、紅豆杉には、体内の異物を食べてくれる免疫細胞であるマクロファージの働きを高める効果もあります。

紅豆杉が加わることで、通常は食べない「生きたガン細胞」も異物として認識でるようになり、死滅したガン細胞も、生きているガン細胞も、マクロファージが一掃して、体内をキレイにしてくれるのです。

こうした作用により、さまざまな種類のガンに効果があることが多数報告されています。

他の健康食品にはない紅豆杉ならではの力

現在、医療現場で行われているガン治療は、3大療法と呼ばれる「手術療法」(外科療法)、「化学療法」(抗がん剤治療)、「放射線療法」がメインです。

それぞれ、ガン患部を切除する、ガンを小さくする、ガン細胞を死滅させるという方法ですが、食欲不振や吐き気、倦怠感、発熱など、いわゆる副作用を伴います。

近年では、こうした標準治療に加え、さまざまな療法に注目が集まっています。なかでも、がん治療の理想とされているのが「集学的治療」で、3大療法に加え、免疫療法や補完・代替療法を組み合わせたものです。こうしたなか、注目されているのが「紅豆杉」です。

紅豆杉には、相和作用があり、他の薬や食べ物とケンカすることなく一緒に食べたり、飲んだりしても効果を発揮してくれます。

「集学的治療」においては、うってつけの助っ人になってくれるというわけです。

他にも、「アガリクス」「フコイダン」「プラセンタ」など、代替療法に使われている成分がありますが、いずれも癌細胞を防ぐ役割は果たしますが、一度できてしまった癌細胞の分裂を阻害することはできないため、すでに癌を患っている人や、転移している場合には、効果を期待できないのが実状です。